1-E BBS
1-E掲示板

  • 新規投稿は、こちらのフォームから。
[378]への返信フォーム
マークは必須項目です。
キーワード (← 絵文字 の読みを全角カタカナで記入)
お名前
メール
URL
題 名
本 文
パスワード (半角英数字4〜8桁。記事の編集/削除に使用)
 

[378]1-Eの皆さん とも PCMacOSX(Safari) 2014/08/12(火)18:04

8耐で握手して、写真も撮っていただいた者です(*・・*)
一昨年初めてライブを観てからファンで、とても嬉しかったです。
いつも、ステージが終わってからウロウロしてるのを、遠目で見てました(・-・*)緊張して話しかけられなかった>_<。

毎回全力で歌って、音を奏でて。なんとなく生きている私には、輝いてとてもかっこよく見えます。

買ったアルバム、毎日聴いているのですが、いつも思うことがあります。
皆さんの夢はなんですか?
ここに来るまで、辛いこと、大変なこともあったと思います。
止まらずに走り続けられたのは、何故ですか?

また、お時間のある時に教えてください('-'*)

ps.省吾さんの「リスペクト俺」って、最高にカッコイイですね。
全力で生きている証拠だと思います(∩・ω・∩)

[379]Re:1-Eの皆さん 出@ドラム PCWinNT(Firefox) 2014/08/13(水)23:36

ともさん、コメントありがとうございます!
ドラムの出です。

鈴鹿の暑いステージの中、みて頂いて、声もかけてもらって
ぼくらもとっても嬉しかったです!!

省吾くんからもコメントあると思いますがせっかくなので
自分も質問にこたえさせていただきます〜。

>皆さんの夢はなんですか?
元々は自分がやっていることでたくさんの人達を喜ばせたい!
と思っていました。今は1-Eで大舞台でたくさんの人達に
喜んでもらいたいことです!

>止まらずに走り続けられたのは、何故ですか?
自分は1-Eを応援してくれる人がいること、これが
一番の支えになったと思っています。
そしてメンバー自身もお互いを支あっていると思ってます。

ともさんのように応援の言葉をもらう度に
「もっと頑張って、もっと楽しんでもらえるようになろう」
と凄い力になります!!

応援してもらったお礼にも
ますますパワーアップした1-Eをお見せするべく
これからも頑張っていきますよ〜!ありがとうございます!

[380]Re:1-Eの皆さん 省吾 PCMacOSX(Safari) 2014/08/15(金)01:19

ともさん、コメントありがとうございます!!m(_ _)m


ボーカルの省吾です。


あの暑い熱い鈴鹿八耐ライブに応援に来てくださってありがとうございます!!


我々もあの場所のあのライブは命懸けでやっております!!


少しでもそのパワーや鈴鹿八耐ならではの会場の熱狂が伝わってくれたのならば大変嬉しいです!!


ま、そんな暑っ苦しいヤツらですが、いつでも声かけてやってください、見た目がアレなんでためらいがちですが、中身は小心者なので、実はみんなそういうのを本当は期待して待ってるんですよ〜、特にベースとか(笑)




そして、リスペクト俺、の話ですが…いやぁお恥ずかしい、若気の至りですかね(笑)


しかし、本心を真面目に正直に答えてしまうと、俺は俺自身を超リスペクトしています。


何故なら、世界にたった一人しかいない、この石渡省吾という人間を乗りこなせるのは、他でもないこの俺、石渡省吾しかいないからです。


この石渡省吾という人間、非常にめんどくさい生き物のようで、酒を呑ませりゃくだまくし、人様の言う事は十中八九は聞きません(笑)


ただ、たったひとつだけ良かったところは歌が歌えた事。


たいして上手くも歌えない歌ですが、ただただ歌いたくて、しゃしゃり出てきて、そこに歌があったから、今があるという人間でございます(笑)


そして一人じゃ出来ない事に気づき、仲間を探し、バンドをつくり、時には罵り合い、時には殴り合い(笑)何度も辞めてやろうと思いましたが、気がつくとまたバンドやってるんですよ(笑)


きっと、辞めたら自分が無くなってしまうんじゃないか?と、無意識の意識にあったのかもしれません。


だから、なんとなく生きてる人なんていないんですよ!!


みんな必ず、求めて、求められて、求められるその場所にしっかり立っているはず。


今はぼんやりとしているかもしれませんが、いつか必ずその意味がわかる時がきます。


目には見えないけど縁や運、そして一番大切なのは想いなのではないでしょうか。


止まらずに走り続けられたのは、その想いを共にし、背中を押し続けてくれるかけがえのない仲間達や、一人でもイチノイーの奏でる音を待ってくれている人達がいてくれたからです。


だから、俺はあの日あの時あの鈴鹿のステージに立っていたんだと思っています。


自分にとっての夢は


「一生、イチノイーします」


です。


<関連ツリー>